たけのこパン 消費期限1日がヤバイやん!真相はどない?

 

たけのこパンの消費期限1日が話題になってるねんて。

いったい消費期限1日とはどういう事で何が起こったんやろか?

気になるからたけのこパンについてメディア報道、twitter情報等から読み解いて考察していきまっせ。

こちらがたけのこパンの消費期限1日に関する記事内容やわ。

 

スポンサーリンク

たけのこパンの消費期限1日のニュース記事

 流通しているその地域でしか手に入れることができない「ご当地パン」。ご当地パンだけが特集されている本や雑誌も発売されており、今人気を呼んでいます。
 愛知県豊川市で限定販売されているご当地パン「たけのこパン」は、地元で「幻のパン」とまで呼ばれています。いったいなぜ幻なのか、メーカーを取材しました。
「たけのこパン」を製造する、愛知県豊川市の「ヤマトパン(株)」。
 工場で商品をみせてもらうと、クロワッサンのような生地の中にクリームが入っていて…見た目は割とよく見かけるような普通のパン。
 このクリームの中にたけのこが入っているのか、生地の中に練り込まれているのか、そして幻といわれる理由は何なのか…。
 社長の久世太司さんに聞くと、名前の由来は「見た目」が、皮が重なることで「たけのこに似ているから」で、中にたけのこが入っているわけではありませんでした。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00010000-tokai-soci

たけのこパンの消費期限1日についてネットで下記みたいな声が上がってるわ~。

 

スポンサーリンク

たけのこパンの消費期限1日に世間の声は?

 
 
 
こういうのは思い出込みの価格と味評価。
期間限定でもまた誰かの思い出になるので続けてほしいなぁ。

 
無添加の食品ということであろうが、販売するほうにとってはかなりリスクのある商品ではないでしょうか?

 
1日だったら賞味期限ではなくて消費期限になるのでは?

 
別にここのたけのこパンに限らず個々の地方には消費期限1日の幻のパンって無数にあると思うけど・・・全然謎すぎないです。

 
売れるからと増産しない社長は職人だと思う。
失敗する多くは欲張るからだ。
今のまま頑張って欲しい。

 
保存料が入ってないってことだけでしょ。それは評価できる。ただ、そもそもまずい総菜パンってなかなかないよね。食べるとまぁ上手い程度で普通なんだろうけど。ネーミングとか、伝統とかで評価されてるのだろうね。

 
地球温暖化は、こういったところにも影響をあたえているのだね。
昔ながらの製法とこだわり、いつまでもこだわっていただきたい。

 
たけのこパンと言っても筍は入っていないけど、それでも消費期限1日は短いし今の暑い時期は販売していないか。

 
幻のパン、静岡県富士市のJR吉原駅北側で昔、部活遠征の時「健康パン」なるものを買ってたなあ、今もあるのだろうか?

 
たけのこパン高くないし、一度食べてみたいです。

 
たまに豊橋駅構内の売店でも売っていますね。
飯田線乗り場入口とかにあることがあります。

 

スポンサーリンク

たけのこパンの消費期限1日のまとめ

今回はたけのこパンの消費期限1日についてざっくり調べてみたで!

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出てるけどもすごい事やわな。

この後も引き続きどうなっていくんか注視しヤバい情報が入り次第、更新していきまっせ。ほな♪。

スポンサーリンク
スポンサーリンク