高橋和希 弁明がヤバイ!真相は?

 

高橋和希さんの弁明が注目されていますね!

いったい弁明とはどういう事で何があったのでしょうか?

気になりますので高橋和希さんの弁明についてメディア報道、twitter情報等から読み解いて考察していきます。

こちらが高橋和希さんの弁明に関する記事内容です。

 

スポンサーリンク

高橋和希さんの弁明のニュース記事

漫画やアニメ、ゲームなどで人気の「遊戯王」の作者高橋和希さんの制作スタジオ、スタジオダイスのインスタグラムとして知られる「studio_dice」アカウントで公開した、選挙に関係するイラストと文章の内容が注目を集め、賛否の声があがっている。
キャラクターが「日本て住みづらくなっちゃった」と発言している場面もあり、「政権批判」と受け止めた人からは、「遊戯に政治的な発言をさせないで欲しかったな」といった意見がネット上で出ている。一方、「何が悪いんだ?」と擁護する書き込みもある。このインスタでは該当投稿の翌日、「なにやらお騒がせしております。いろいろ意見を頂き、キャラクターに政治的表現をさせてしまった事、ファンの皆様に深くお詫び申し上げます」とのコメントを掲載した。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000005-jct-ent

高橋和希さんの弁明についてネットで下記のような声が上がっています。

 

スポンサーリンク

高橋和希さんの弁明に世間の声は?

 
 
 元々政治を扱うような漫画やアニメならまだしも、あくまでファンタジーな作品で政治的発言して現実に引き戻すのはやめてほしい。
というか、ガッツリ日本で稼いで人気ものであろう作者が日本で生きにくいとはどういうことなの?
今の政権になったからって、何かを制限されたこともないし、独裁と言われても、国民自由だよね?この作者はどこの日本に住んでんのか疑問なんだが…

 SNSで話題になっているが、右よりが〜、左よりが〜って言う問題では無くて政治的発言をキャラクターがしている所が問題だし、ファンとしてはガッカリしていると思う。
それを右翼、左翼の話で置き換えて論争してるのは違うかなと思う。

 以前、某Oパンの漫画家さんが言っていたが、アニメやグッズになった場合、漫画家本人はその時点で、もうキャラクターを自由に扱えないんだそうです。
ちなみに出版社、テレビ局、代理店、グッズメーカー何やらと、直接的ではないにせよ100数十社と契約を結ぶのだそうで。
キャラクターにそぐわない言動をさせた場合、莫大な違約金を取られるから、色紙にサインするときでさえも気をつけてるとおっしゃってました。
こういうケースもあるので、高橋和希先生はちょっと迂闊ではなかったかと思います。
言いたいことがあれば、自分の口で堂々と言えばいいのに、子供の夢を壊すなんて漫画家としては最低です。

 高橋和希さん「選挙行こうね!」で留まっていれば賞賛されたかもね。

 自分の意見を表すための道具にするのは
ちょっと…

 高橋和希先生個人の考えに関しちゃ好きにすればいいけどさ
キャラの扱いはもうちょっと考えて欲しいよな
選挙行こうぜ!とかで抑えておけばまだしも
独裁政権は行き過ぎ
風刺効かせた作品のキャラでもないしな
これが野党に対する発言でも一緒
ファンの中に関係者がいないとは言い切れないんだしさ
作品使って他人を傷つけるような振る舞いはしちゃいかんでしょ

 揶揄。と見る向きもあるといえばある話だが。
何を持ってブラックディメンションで生き辛いのかを提示した上でのイラストなら容認できるが、印象操作的なのはいただけないかな?と思わなくもない。
意見表明の全てを批判するつもりもないが。
何が何でも批判する空気については「生き辛いわね」とは思う話だけどな。

 まず、理論や根拠をもって発言しないとだれも賛同しないし、賛同する人がいたとしても勝てないよ。ちゃんと考えて発言してないところを見るとあまり賢くないようですね。こういう発言する人って思い込み激しいし。

 作者が何を考えてもいいけど作品を巻き込まないでほしい
特に子供が夢中になるような作品で

 今の日本が独裁政権なら選挙というデュエルフィールドはないでしょ
選挙権というカードも没収されてなにもできないはず
独裁という言葉の意味をしっかり勉強された方がいいですね

 独裁政権みたいな強い言葉じゃなくても、作品のキャラクターを使って偏りのある政治的な発言をさせるのはファンに嫌がられるでしょ
この記事のタイトルはこの問題の本質からズレてる

 

スポンサーリンク

おわりに

今回は高橋和希さんの弁明について見てみました。

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク