プロ野球 トレードラッシュのホントの理由は!?7月末までだった!?

 

プロ野球 トレードラッシュが注目されていますね!

いったいトレードラッシュとはどういう事で何が起こっているでしょうか?

気になりますのでトレードラッシュとなっているプロ野球についてメディア報道、twitter情報等から読み解いて考察しいきます。

こちらがプロ野球のトレードラッシュに関する記事内容です。

 

スポンサーリンク

プロ野球 トレードラッシュのニュース記事

 “トレードラッシュ”と言っていい。交流戦明けに5件ものトレードが成立した。6月26日に発表された巨人の吉川光夫、宇佐見真吾と、日ハムの鍵谷陽平、藤岡貴裕の2対2トレードを皮切りに、中日の松井雅人、松井佑介、モヤと、オリックスの松葉貴大、武田健吾の金銭を交えた変則の3対2トレード、楽天と広島の間でも、三好匠と下水流昂とのトレードが成立、4日には阪神とロッテの間で石崎剛と高野圭佑の“ブルペントレード”が決まり、7日には巨人の和田恋と楽天の古川侑利の交換トレードが発表された。

 実は、これは今年だけの異常現象ではなく、ここ3年、交流戦明けから期限の7月末までに行われる“駆け込みトレード”の件数に増加の傾向がある。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00010000-wordleafs-base THE PAGE

このように交流戦明けから期限の7月末までの間のトレードがさかんに行われているようです!

シーズンが始まって補強しないといけない部分が見えてきたからトレードしているのでしょうね。

どのチームや選手にとってもWIN-WIN-WINの関係ならさかんに進めて欲しいです。

プロ野球トレードラッシュについてネットで下記のような声が上がっています。

 

スポンサーリンク

プロ野球のトレードラッシュの実態は?

 
 
 オリックスが断トツで多いのは、ドラフトでのスカウティングと、その後の強化が機能していないとも言える。

 
 
 メジャーに比べれば選手の移籍頻度なんて大して多くないと思う。
日本のプロ野球では比較的、現状に燻っている様な選手がトレードの対象になるが、メジャーでは色んな思惑の絡みで、バリバリ活躍中の主力選手がトレードされるケースもざらにある。

 
 
 優秀な指導者や豪華な3軍施設などで育てているソフトバンクの若手選手を12球団の戦力均衡ために。もしも現役ドラフト制度が出来て獲られるのは反対。それをやるなら、レンタル移籍の制度を確立するべき。

 
 
 メジャーはFA権の期限ってのが明確にあるから大物を残り半年で出したりするけど日本はそこまではしないからねぇ。一度移籍すると終身契約みたいなもんだし。

 
 
 落合の下りは違うと思うよ。
トレードする必要がなかっただけ。あのメンツでどう補強のトレードするのよ。
誤解招く記事かと思うわ

 
 

 
 
 同一リーグのトレードが減り、セ・パプロ野球でのトレードが増えたのも交流戦が原因か?
よくオープン戦で登板する時に品評会になる時がある
いずれにせよ、トレードラッシュは見ていても面白い

 
 
 ドラフトでは均衡が保てないのでシーズン途中でもドシドシすれば良い。優勝を目指すのであれば。

 
 
 トレードは環境が変わって伸び悩んでいた選手が化けたりするからね。選手のためにもいいことじゃないかな。

 
 
 大田がホンキだしたのは日ハムだからで、
巨人の赤っ恥では、ないと思いますが

 

スポンサーリンク

プロ野球 トレードラッシュのまとめ

今回はプロ野球のトレードラッシュについて見てみました。

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ていまがトレードに関しはおおむね好評のようです

この後も引き続きプロ野球がどうなっていくのか注目しトレード情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク