エヴァ作詞家 億女がヤバイやん!真相はどうなってるん?

 

エヴァ作詞家の億女が話題になってるねんて。

いったい10億円以上は確実にある億女とはどういう事で真相はどうなってるんやろか?

気になるのでエヴァ作詞家の及川眠子さんの億女についてメディア報道、twitter情報等から読み解いて考察しいきまっせ。

こちらがエヴァ作詞家の億女に関する記事内容やわ。

 

Sponsored Link

エヴァ作詞家の億女のニュース記事

社会に出たころの貯金はゼロながら、億単位の資産を持つまでに至った女性がいる。そんな“億女”の言葉には、大いに学ぶべきところがある――。
「お金を稼ぐことは好きですが、執着するということはまったくありません。モノにも執着がないし、もっと言えば、自分の命に対しても執着はないんです――」
作詞家の及川眠子さん(59)は、『残酷な天使のテーゼ』をはじめ、エヴァンゲリオン関連の曲を手がけ、6億円以上の印税収入を獲得したヒットメーカー。この四半世紀、年収は3000万円を切ったことがない。まさにペン1本で“億女”になった人だ。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00010004-jisin-soci

エヴァ作詞家の億女についてネットで下記みたいな声が上がってるわ~。

 

Sponsored Link

エヴァ作詞家の億女に世間の声は?

 
 
 エヴァ作詞家10億稼いだなら、早期リタイアして、そこそこ贅沢しながらのんびり暮らしたらいいのに~って考えるのが庶民なんでしょうね。

 庵野はもともとクラシックをエヴァのOPにしたかったけどテレ東にアニメのOPにクラシックは無いって言われたから残酷な天使のテーゼを作ることにしたとか。
残酷な天使のテーゼは令和になってもカラオケで歌われる曲のトップ10をキープ。
カラオケで一番歌われてる曲かもしれない。
ここまで人気をキープして印税が毎年かなりの額が入ってくるとはもちろん思わなかっただろうけど。
エヴァがまだ続いてるのも衝撃だろうな。
そういえば宇多田ヒカルの桜流しも庵野は内容見せずに作らせたって話。
Qはあんな内容だったけど歌詞が何か合ってる気がしたし、宇多田ヒカルの母親の未来や自分に子供が産まれるのを暗示したような歌詞になってたというのも今となってはビックリ。

 人を見る目とか経営感覚とか、そういうのは置いといて、記事を読んだ印象では「こだわりのない、よい人だな」と感じる。器がでかいというか。
入ってきた以上にお金が出ていく、こういう人が稼ぐ能力を持っていて、なんというか世の中うまく帳尻が合ってるんだな、と思う。

 レア中のレアな生き方過ぎて
参考にならんて。
ほぼエヴァの素材なしであの詞を
書いたのは凄い、奇跡の仕事。だとは思う。

 アニソンとか疎いから曲はどれも知らないけどこの考え方は潔くて良い
なかなか出来ないよね
小市民は皆自分が可愛いし
失敗を言い訳したり人のせいにしたいし(認めたくない)ケチだし持ち分はなるべく減らしたくない(美味しいところは出来たら独り占めしたい)って守りに入ろうと考えて
結果その防衛本能が逆効果になるという

 お金に執着しない…毎年多額の印税が入るから。
手持ちのお金を使い切っても、又入ってくる。
普通の人とは違うので、真似しちゃダメ。
でもお金に囚われない生き方はいいなー。
心はお金から自由になりたい。

 残酷な天使のテーゼは歌詞ももちろん最高だけど曲も物凄く良かったというラッキーさもあると思う。
しかしここまで当たると凄いなあ。
この人の生き方は参考にはならないけど一つの世界として「ふうん」という感じ。そして稼ぎは素直に羨ましい。億女って初めて聞いた!

 エヴァ作詞家さん今まで40年近い自分の人生を振り返ってみても、頷かされる事が多くてとても興味深いインタビューでした
これからも20年、30年と活躍されるように願ってます

 著書について「作詞のテクニックをすべて書いてありますけどいいですか?」の質問に「テクニックは教えられても、センスは教えるものでも教えられるものではないのでいいんです」と聞いたことがある。

 

Sponsored Link

エヴァ作詞家の億女まとめ

今回はエヴァ作詞家の億女についてざっくり調べてみたで!

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出てるけどもすごい事やわな。

お金の使い方で後悔はしない。失敗も糧にする“億女”の“哲学”は、示唆に富んでいるってことかあ。

Sponsored Link
Sponsored Link