ブログ「それ、ホンマかいな?」

日常の様々な商品やサービスや出来事を「それ、ホンマかいな?」と客観的に検証していくブログ

稀勢の里は結婚しないと父、母に宣言!横綱昇進で成績優先で嫁は先!

time 2017/01/30

稀勢の里は結婚しないと父、母に宣言!横綱昇進で成績優先で嫁は先!

第72代横綱稀勢の里が正式に誕生したな。父、母に、横綱昇進で現役時代は結婚しない宣言をしていることも明らかになったなあ。ひたすら相撲道に精進するねんて!成績も大事になってくるし、嫁は二の次やって!常に優勝争いに加われる力士になりたいって!

 
スポンサーリンク



 

稀勢の里プロフィール

稀勢の里寛(きせのさと・ゆたか)本名・萩原寛。1986年7月3日生まれ30歳。茨城県牛久市出身。

15歳で鳴戸部屋に入門。得意は突き、押し、左四つ。三賞は殊勲5回、敢闘3回、技能1回。金星3個。

通算764勝460敗(不戦敗1)。家族は父母と 姉。

身長187cm。体重175kg。血液型B型。


 

稀勢の里の横綱昇進で結婚しない宣言

横綱稀勢の里の横綱昇進を満場一致で承認したなあ。

都内の帝国ホテルで行われた伝達式では大関時と同じく、四字熟語は使わずにシンプルな口上を披露したわ。

また父母に、現役時代は結婚しない宣言をしていることも明らかになったなあ。

ひたすら相撲道に精進する横綱となるねんて。成績優先で嫁は先ってことやな!

 

稀勢の里の横綱口上

やっぱり、稀勢の里は稀勢の里やったなあ。

思いを込めた口上は、明快かつシンプルやで。「横綱の名に恥じぬよう精進致します」。四字熟語など難解な言葉は使えへんかったわ。大関昇進時 の「大関の名を汚さぬよう精進します」と同じく、正攻法な相撲同様の真っ向勝負やったわ。

 

稀勢の里の横綱使命と結婚封印

伝達式後の会見では、事あるごとに横綱の使命を語ったわ。

「横綱は常に人に見られている。稽古場も普段の生き方も。もっと人間的に成長して、尊敬される横綱になっていきたい」「横綱は負けられない。もっと強くなって負けない力士、常に優勝争いに加われる力士になりたい」。

そのために、父母には1つの覚悟を宣言していたわ。結婚封印!

 
スポンサーリンク



 

稀勢の里の父の嫁取りについて

父の貞彦さんは「嫁取り」について「『相撲を取っている間は結婚しない』と宣言している」と明かしたわ。

自らの相撲 道を貫くには女性は二の次。その意志の表れだった。もっとも、父も「恋愛ですからどう展開するか、こればかりは分かりません。でも、嫁取りは厳しい。私の目を通さないといけませんから。3歩下がって夫の帰りを待つじゃないが、出しゃばらず、ブランド好きでないこと」と、違う角度から後押ししたわ。

 

稀勢の里まとめ

稀勢の里は横綱昇進で父母には結婚しない宣言をし、横綱らしく相撲道を突き進み、常に優勝争いに加わり、盛り上げてほしいなあ。今が一番大事な時期で嫁は二の次で、まだ30歳やし、嫁候補も心配しなくていいし、横綱の風格を見せてほしいわ。

 
スポンサーリンク



 

down

コメントする




ブログランキング


 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

カテゴリー